コミュニティ

会員登録すると、お買い物5%分ポイント還元中、所属の演奏団体や運営している音楽教室をコミュティにて無料掲載!

SNS管弦楽団2nd IMPACT!

SNS管弦楽団2nd IMPACT!
ジャンル : オーケストラ 一般
団体紹介 : SNS管弦楽団は、「ミクオケ」という通称のとおり、mixi上でなされた「関西発、mixiでオーケストラを!」という呼びかけにこたえ、指揮者も含め団員のほとんどがmixi上で集い結成されたオーケストラです。2007年10月に、マーラー:交響曲第5番、ショスタコーヴィチ:交響曲第7番「レニングラード」という常軌を逸した(?)プログラムで演奏会を行いました。常設の団体ではなく、その一回に演奏会のために参加者を募集する、いわゆる「一発オケ」であったために、演奏会の成功を以って発展的解散という形になったのでした。「ミクオケを再結成しよう」と提唱が持ち出され、前回にもまして大規模かつ無茶な選曲、ブルックナー交響曲第9番を前半プログラムに、メシアン「トゥランガリーラ交響曲」をメインプログラムに選ばれました。ブルックナーの交響曲第9番は最後の交響曲であり、第4楽章は未完のまま残されたものの、今日ブルックナーの代表作品として認識されています。しかも、ワグナー・チューバという特殊な金管楽器を必要とするために、なかなかアマチュアでは取り上げにくい曲です。「トゥランガリーラ交響曲」はフランスの現代作曲家、オリビエ・メシアンによって作曲された、現代音楽の最高傑作ともいわれる10楽章からなる長大な交響曲で、演奏時間も75~80分を要します。「トゥランガリーラ」とは、2つのサンスクリット語(turanga+lîla)に由来し、これらはともに、「愛の歌」や「喜びの聖歌」、「時間」、「運動」、「リズム」、「生命」、「死」を意味するといわれる。この曲にはオンド・マルトノという電波楽器が必要で、その楽器および奏者は日本中探しても数えるほどの存在であり、また相当難解なピアノパートもあり、さらには大量の打楽器奏者を要するため、関西のアマオケでは未だに演奏されたことがありません。こんな「無謀な」企画にもかかわらず、前回にも増して関西アマオケ界屈指の強者たちが集結し、熱い練習が繰り広げられています。4月末時点で団員は80名に至りました。  2009年8月22日、熱き者たちによって新たな「ミクオケ伝説」が創られることでしょう。
演奏会 開催予定日 :
会場 :
詳細 : 2009年8月22日SNS管弦楽団2nd IMPACT! 演奏会尼崎アルカイックホール12時開場 12時半開演曲目メシアン トゥランガリーラ交響曲ブルックナー 交響曲第9番指揮 森和幸ピアノ 大谷祥子オンド・マルトノ 市橋若菜トゥランガリーラ交響曲は関西アマチュアオーケストラ初演です!
練習場所 : 兵庫県尼崎市-
練習日 :
募集パート :
募集要項 :
ホームページ :
この団体に問い合わせをする


あなたの教室や団体を紹介しませんか?

全音コミュニティーであなたも、生徒や団員の募集、演奏会のご案内等、全国のみなさんに呼びかけてみませんか?
もちろん一切料金はかかりませんので、積極的に使っちゃいましょう!

※記事掲載には、事前に全音オンライン会員にご登録する必要があります。まだ会員でない方は、こちらからご登録ください。
既に全音オンライン会員の方はこちらよりログイン後、MYページからご入力ください。

  • <ワイズ・ミュージック>レンタル楽譜

トップへもどる