• 全音HOME
  • 公開講座
  • 静岡市 連弾の“魔法”でこどもたちに音楽するよろこびを伝えよう!!

公開講座

静岡市 連弾の“魔法”でこどもたちに音楽するよろこびを伝えよう!!

講師 : 轟 千尋
会場 : すみやグッディSBS通り ホール「リピエーノ」
日時 : 9月5日(水) 10:30~12:30
受講料 : 一般 3,780円/会員(SMF・PTNA静岡支部)3,240円(各税込)
お申込み: すみやグッディSBS通り店
TEL:054-282-3911
PDFダウンロード

~耳とからだで、アンサンブルのたのしさを頭とこころで、ソロへ生かすアイディアを~

誰かと一緒に音を合わせることによって、心地よい響きがうまれたり、リズムにのれたり、一気におしゃれな響きに変身したり・・・。ひとりで演奏している時とはちょっと違う、連弾の“魔法”にかかれば、こどもたちもきっとピアノがもっと好きになるはず!作曲家の視点から、連弾体験のメリット、イイこといっぱい!ご紹介します。


★ プリモとセコンド、どっちを弾かせたらいいの?
やさしいか難しいか判断するとき、譜読みの負担のことだけをイメージして、音楽の本質を見落としてはいませんか?
難易度が両者対等のものも多くつめこんだこの曲集をつかって、どんな子にはどちらを弾かせるのがいいかを考えます。

★ バランス次第でみるみる変化する響きの正体とは...?
きらきらピアノでは新しい響きにもびっくりしない柔軟な耳を作るために、特殊な和音をところどころにちりばめています。
バランス次第で変化する魔法の和音のからくりとそのバランス作りについてご紹介します。先生の耳もほぐれちゃうかも!

★ ソロへのヒントがいっぱい!
連弾で相手の音が耳に飛び込んでくる経験は、自分の音を聴く感覚が育ちます。
大譜表に凝縮されたソロの楽譜よりも、4段にわけられた連弾譜の方が、役割が見えやすいのです。
スコアを立体的に読む体験を、ソロへどう生かすか考えます。

参考テキスト

  • 『きらきら ピアノ こどものピアノ連弾名曲集』1

    『きらきら ピアノ こどものピアノ連弾名曲集』1

    連弾=アンサンブルを通して、お互いの音を「聴く」力を養い、アンサンブル力を育てます!

    定価:各[本体1,200円+税]
    ポイント:60pt

  • 『きらきら ピアノ こどものピアノ連弾名曲集』2

    『きらきら ピアノ こどものピアノ連弾名曲集』2

    プリモもセコンドも、どちらも工夫されており、レッスン教材としてはもちろん、発表会などで大活躍まちがいなしの連弾曲集です。

    定価:各[本体1,200円+税]
    ポイント:60pt

講師紹介

轟 千尋

轟 千尋

東京藝術大学音楽学部作曲科卒業、同大学院修士課程修了。
これまでに広上淳一(Cond.)徳永二男(Vn.) 仲道郁代、三舩優子(Pf.) 米良美一(Vo.)各氏のほか、多数の一流演奏家に作品を演奏されている。
現在は、室内楽からフルオーケストラまで様々な編成の作編曲、演奏家からの委嘱作品、CD やこどものための曲集の出版や雑誌連載等を多く手がけている。
近作に『星降る町の小さな風景- ピアノのための28の小品-』『チョップスティック奇想曲』『きらきらピアノ』シリーズ( 全音楽譜出版社)、『きせつのものがたり』(音楽之友社)、著書に『いちばん親切な楽譜の読み方』『いちばん親切な楽典入門』( 新星出版社) など。

楽譜

  1. 『轟 千尋:《ねこふんじゃった》即興曲』
  2. 『星降る町の小さな風景』
  3. 『春畑セロリ・轟 千尋の ロッパチ』1-2
  4. 『轟 千尋:《おぼろ月夜》の主題による幻想曲(PP-519)』
  5. 『みんなで連弾 ハッピー★クリスマス』
  6. 『ポピュラーピアノピースシリーズ』
  7. 『きらきらピアノ こどものピアノ名曲集』1-5
  8. 『きらきらピアノ こどものポピュラーメロディーズ』1-3 (全音楽譜出版社)

書籍

轟 千尋
  1. 『いちばん親切な楽典入門』

CD

  1. 『AKATSUKI』『EL DORADO』『BASARA』『KIYARI』 TSUKEMEN
  2. 『ラプソディ・イン・ホルン』 福川伸陽(キングレコード)他

雑誌

  1. 『ムジカノーヴァ』現在連載中(音楽之友社) ほか

オフィシャルウェブサイト

会場

すみやグッディSBS通り ホール「リピエーノ」

〒422-8043
静岡県静岡市駿河区中田本町56-5

公開講座に関するお問い合わせ

講座についてのお問い合わせやお申込みは、各主催楽器店に直接ご連絡ください。

  • 受講者募集中の講座一覧
  • 公開講座一覧
  • 講師紹介
  • 全音新編集者Blog

トップへもどる