磯シールの種類と貼り方
2種類の磯シールから用途に応じてお選びいただき、本体に貼ってご使用ください。
  • 学校教育現場で使用【平調子・民謡調子の磯シール 基音E(ミ)】調弦方法はこちら
    磯シール学校教育現場用
  • 一般・カルチャー等で使用【平調子・乃木調子の磯シール 基音G(ソ)】調弦方法はこちら
    磯シール一般・カルチャー用
磯シール貼り方
上図の通り○印の位置に磯シールの左端を合わせて貼ります。空気が入らないようにゆっくり貼ってください。
学校教育現場で使用する調弦方法【平調子・民謡調子の磯シール 基音E(ミ)】
  1. 下記付属の磯シールを貼る。
    磯シール学校教育現場用
  2. 柱を磯シールの(▲)の位置に合わせて立てていきます。
    1)糸を持ち上げます。
    2)糸番号の位置に合わせて柱を甲羅の上に立てます。
    3)柱の上にある溝に糸を乗せます。
    ※溝に糸がはまっていないと、滑って柱から糸が外れることがありますのでご注意ください。
  3. 1~巾まで下記表の通り、チューナー(調弦器)と付属のT字ハンドルを使って音を合わせていきます。
  4. 糸番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    チューナー
    記号
    E A B C E F A B C E F A B
    音名 ファ ファ
一般・カルチャー等で使用する調弦方法【平調子・乃木調子の磯シール 基音G(ソ)】
  1. 下記付属の磯シールを貼る。
    磯シール一般・カルチャー用
  2. 柱を磯シールの(▲)の位置に合わせて立てていきます。
    1)糸を持ち上げます。
    2)糸番号の位置に合わせて柱を甲羅の上に立てます。
    3)柱の上にある溝に糸を乗せます。
    ※溝に糸がはまっていないと、滑って柱から糸が外れることがありますのでご注意ください。
  3. 1~巾まで下記表の通り、チューナー(調弦器)と付属のT字ハンドルを使って音を合わせていきます。
  4. 糸番号 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
    チューナー
    記号
    G C D E♭
    (D#)
    G A♭
    (G#)
    C D E♭
    (D#)
    G A♭
    (G#)
    C D
    音名 ミ♭
    (レ#)
    ラ♭
    (ソ#)
    ミ♭
    (レ#)
    ラ♭
    (ソ#)
お手入れ方法
  1. お箏は桐の木なので、風通しの良いところに保管してください。
  2. 使い終わったら手ぬぐいで甲羅など全体を拭きましょう。
  3. 木目に埃が入ると音が悪くなります。必ずケースにしまいましょう。
糸交換
  1. 交換する糸を取り除いてください。
  2. 新しい糸を穴に通してから弦の端っこを柔らかくして糸玉をつける。
  3. 文化箏の龍尾側の穴から糸を通します。
  4. 糸玉に結ぶために、輪を作って糸を2回くぐらせます。(2度通し結び)
  5. 龍頭側にある穴(芯座)に糸を通します。
  6. 口前の中のピン穴に糸を通し、
  7. 玉結びを作ります。
  8. 糸を引っ張りながらピンをハンドルで巻いていきます。
糸交換画像
爪の付け方
  • 図のように3つの爪をしっかり指先につけます。逆につけないように注意しましょう。爪の付け方
取扱方法

カタログダウンロード

文化箏
(PDF:4P 1.8MB)

ZK-04 文化箏羽衣 学校教育用
(PDF:2P 0.9MB)

トップへもどる