楽譜

パナソニック合唱団第46回定期演奏会「千原英喜 個展」のご案内

更新日:2023年8月29日

    2023年9月3日(日)に、大阪・ザ・シンフォニーホールにおいて「パナソニック合唱団第46回定期演奏会 千原英喜個展」が行われます。
    パナソニック合唱団は「上質で感動のある音楽を創ろう」のモットーに、パナソニックグループの社員を中心に現在約90名のメンバーで活動している合唱団です。

    パナソニック合唱団第46回定期演奏会「千原英喜 個展」
    ●混声合唱のための三つの交響(委嘱初演)
    日本人の精神的支柱とも言うべき詩作品たち。時を経ても決して色褪ることのない美しさ、瑞々しさを、スケール大きく歌い上げたいと作曲されました。
    「邪宗門秘曲」(北原白秋):酩酊と幻想、大海原をゆく黒船、耽美と恍惚。最後は身も魂も薫(くゆ)りこがるる黒船甲板上の怒涛のフラメンコです。
    「小諸なる古城のほとり」(島崎藤村):信州を行く旅人を流浪の砂漠の民ベドウィンにたとえ、蜃気楼に浮かぶシルクロードのオアシスと小諸の古城がリンクします。
    「春と修羅」(宮澤賢治):ゴッホの絵画『糸杉のある麦畑』にイメージを重ね、賢治の心象世界はオノマトペにありと彼の童話の擬声語を積極的に取り入れて作曲されました。
    ●混声合唱のための「ラプソディー・イン・チカマツ<近松門左衛門狂想>」
    ●混声合唱とピアノのための「良寛相聞」
    ●アラカルト・ステージ
    Greetings/よもすがら/みやこわすれ/Ave maris stella 花も花なれ人も人なれ/寂庵の祈り

    歌声は時空を超えて、音楽は愛と祈りの曼荼羅宇宙̶
     そんな千原ワールドをたっぷりとお楽しみいただけます!

    この演奏会の概要やパナソニック合唱団の活動については、こちらをご参照ください。

  • 全音オンラインショップ
全音ピアノ連弾レパートリー

  • 作曲家別カタログ
  • 著作権&ライセンスについて
  • 楽譜・音楽書祭り2024

トップへもどる