ハチャトxリャン

アラム・イリイチ・ハチャトゥリャン

Aram Ilyich KHACHATURIAN (1903-1978)

略歴 Biography

1903 6月6日、製本業を営むアルメニア人家庭の四男としてジョージア(グルジア)のトビリシ郊外に誕生。
幼少期には正規の音楽教育を受ける機会はなかったが、ジョージア(グルジア)、アルメニア、アゼルバイジャンなど、コーカサス地方の民族音楽に深く親しむ。
1921 兄の勧めでモスクワへ。音楽の才能を認められる。
1922 グネーシン音楽専門学校に入学、チェロを学ぶ。
1925 グネーシンに「みがかれざる宝石」と評価され作曲科に転入。
1929 モスクワ音楽院入学。ミヤスコフスキーに師事。
1933 同じくミヤスコフスキーの門下生であったニーナ・マカロワと結婚。
1934 モスクワ音楽大学院に進学。1936年、修了。
1937 「ピアノ協奏曲」モスクワにて初演。作曲家としての評価を確立。
ソヴィエト連邦作曲家同盟モスクワ支部の会長代理に就任。1939年、副会長に就任。
1940 「ヴァイオリン協奏曲」モスクワにて初演(ソヴィエト国家賞受賞)。
劇音楽「ヴァレンシアの未亡人」モスクワにて初演。
1941 劇音楽「仮面舞踏会」モスクワにて初演。
1942 バレエ版「ガイーヌ」モロトフ市(現ペルミ市)にて初演(スターリン賞受賞)。
1943 「交響曲第2番」モスクワにて初演。
組曲「仮面舞踏会」、組曲「ガイーヌ」(第1番・第2番・第3番)作曲。
1946 「チェロ協奏曲」モスクワにて初演。
1947 「交響曲第3番〈交響詩曲〉」レニングラードにて初演。
1952 組曲「ヴァレンシアの未亡人」作曲。
1954 ソ連人民芸術家(People’s Artist of the USSR)の一人に選ばれる。
1955 組曲「スパルタクス」(第1番・第2番・第3番)作曲(1955〜57年)。
1956 バレエ版「スパルタクス」レニングラードにて初演(レーニン賞受賞)。
1962 「ヴァイオリンとオーケストラのためのコンチェルト・ラプソディ」ヤロスラーヴリ市にて初演。
1963 来日し、京都市交響楽団・読売日本交響楽団にて自作を指揮する。
1964 「チェロとオーケストラのためのコンチェルト・ラプソディ」ゴーリキー市にて初演。
1968 「ピアノとオーケストラのためのコンチェルト・ラプソディ」ゴーリキー市にて初演。
1974 フランスの勲章受賞。
1978 5月1日、モスクワにて死去。5月6日、祖先が眠るアルメニアのエレヴァンに埋葬される。
2018 没後40年を迎える。

Biography

1943 水戸市に生まれる
1966 音楽之友社室内楽作曲コンクール第1位を受賞
第35回日本音楽コンクール作曲部門第1位を受賞
1967 東京芸術大学音楽学部作曲科卒業
中西音楽賞第3位を受賞
1968 音楽之友社作曲賞を受賞
1971 東京芸術大学大学院研究科修了
ザルツブルグ市テレビ・オペラ祭優秀賞を受賞
東京芸術大学音楽学部講師(1977年まで)
1974 文化庁芸術祭優秀賞を受賞(同82, 83, 84年度も連続受賞)
東京音楽大学講師(1982年助教授、1987年教授に就任、現在に至る)
1976 イタリア放送協会賞を受賞(同77, 89年度も受賞)
1980 日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞(同84, 92, 94, 98, 04年度も受賞)
1981 毎日映画音楽賞を受賞(同85, 91年度も受賞)
1985 日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞(同91年度も受賞)
1989 国際エミー賞優秀賞を受賞
1991 第39回尾高賞を受賞
1997 NHK交響楽団有馬賞を受賞
1999 第47回尾高賞を受賞
2002 日本放送協会第53回放送文化賞を受賞
2003 佐川吉男音楽奨励賞を受賞
2004 紫綬褒章を受賞
2008 茨城県特別功績者
2011 横浜文化賞を受賞

作品 Works

主要作品出版リスト
管弦楽(パート譜はレンタル扱い)
ピアノ
弦楽器
室内楽
輸入楽譜
Boosey & Hawkes社
  • 少年時代の画集(ピアノ独奏) 定価2,100円+税(商品コード975615)
  • トッカータ(ピアノ独奏) 定価2,500円+税(商品コード975616)
  • 剣の舞(ピアノ独奏) 定価1,600円+税(商品コード975617)
  • ピアノ協奏曲(2台ピアノ版) 定価7,900円+税(商品コード975618)
  • 「仮面舞踏会」よりワルツ(2台ピアノ版) 定価6,500円+税(商品コード975656)
  • ヴァイオリン協奏曲(ピアノリダクション) 定価6,500円+税(商品コード975619)
  • チェロ協奏曲(ピアノリダクション) 定価6,500円+税(商品コード975620)
  • ピアノ協奏曲(スコア) 定価6,300円+税(商品コード975621)
  • ヴァイオリン協奏曲(ピアノリダクション) 定価6,500円+税(商品コード975619)
G.Schirmer社
  • 「仮面舞踏会」よりワルツ(ピアノ連弾) 定価1,200円+税(商品コード976001)

写真 Photo

少年時代のアラム・ハチャトゥリャン(中央)と家族。1913年。
モスクワ音楽院のミャスコフスキー(前列中央)のクラスにて。アラム・ハチャトゥリャン(前列左)と、後に妻となるニーナ・マカロヴァ(前列右)。1930年。
「ガイーヌ」公演ポスターを背にしたハチャトゥリャン夫妻。バレエ「ガイーヌ」初演の1942年に。
1943年。この年に「交響曲第2番」が初演され、組曲〈ガイーヌ〉や組曲〈仮面舞踏会〉が作曲される。
家族ぐるみで親交のあったドミトリー・ショスタコーヴィチ(右)と。中央はハチャトゥリャンの妻ニーナ・マカロヴァ。1944年。
旧ソビエトを代表する3大作曲家。左からセルゲイ・プロコフィエフ、ドミトリー・ショスタコーヴィチ、アラム・ハチャトゥリャン。モスクワにて、1945年。
息子カレン、妻ニーナ・マカロヴァと共に。1950年。
指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンと共に。ウィーンにて、1959年。
アーネスト・ヘミングウェイとハチャトゥリャン夫妻。キューバのヘミングウェイ宅にて、1960年。
ハチャトゥリャン自身の指揮による「ヴァイオリン協奏曲」。佐藤陽子氏をソリストに迎えて。1963年。
チャールズ・チャップリンと共に。1965年。
モスクワ音楽院にて教鞭と執るハチャトゥリャン。後列右から2人目に日本から留学中の寺原伸夫氏。
ハチャトゥリャン作品を演奏したチェロ奏者ムスティラフ・ロストロポーヴィチと共に。
※写真所蔵:アラム・ハチャトゥリャン・ミュージアム

ニュース News

  • 2018.03.30

    特設ページOPEN

  • 全音オンラインショップ

  • 作曲家別カタログ
  • 著作権&ライセンスについて

トップへもどる